中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振が2月14日にフロントマン研修を開催

愛整振は今年度も2月14日、小牧教育センターでフロントマンレベルアップ研修を行う。受講定員を15人とし、1月末まで申し込みを受け付けている。この研修は、ユーザーが求めているニーズに応え、満足してもらうための接客技術のスキルアップが目的。

(全文は整備新聞 令和4年1月25日号:1面に掲載)

四日市・伊勢志摩の図柄入りナンバー普及促進へPR強化前のページ

車検証の電子化で振興会事務局対象に説明次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備人材確保へWG設置、離職者の復職後押しも

    国土交通省は、自動車整備業界における人材の確保や育成に計画的・効果的に…

  2. 整備関係

    岐阜でクルマの児童画作品展を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は12月14、15日の2…

  3. 整備関係

    来年1月から車検証電子化、整備事業者で記録更新など

    令和元年の道路運送車両法改正を機に、整備業界は大きな変化の波に直面して…

  4. 整備関係

    岐阜整振がクルマ児童画コンの応募833全作品を展示

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は12月12、13日の2…

  5. 整備関係

    愛整振・知多支部が総会で安全・安心対策柱に活動を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の知多支部(佐治秀樹支部長)は5…

  6. 整備関係

    トラスティレンタカーが国産高級車から輸入車まで損保代車をラインナップ

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP