中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備人材確保へWG設置、離職者の復職後押しも

国土交通省は、自動車整備業界における人材の確保や育成に計画的・効果的に取り組むため、新たな検討の場として、自動車整備技術の高度化検討会の下に、有識者や業界関係者からなる「自動車整備の高度化に対応する人材確保に係る検討WG」を設置した。この6月にも第1回WGを開き、年度内に数回程度開催して検討結果をとりまとめ、令和五年度以降に施策を実施、その効果把握や改善策を検討していくこととしている。

(全文は整備新聞 令和4年6月10日号:2面に掲載)

三重運輸支局・自販協が優良事業者などの表彰行う前のページ

古橋靖弘・岐阜運輸支局長の就任インタビュー、点検・整備の推進を啓発次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツが県内3店舗で健康安全運転講座を開催

    産官学民の提携で地域密着プロジェクトを推進する愛知ダイハツ(坪…

  2. 整備関係

    愛整振・西春日井支部が時代の変化に対応して各種事業を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)西春日井支部(天野正道支部長)は…

  3. 整備関係

    岐阜整振が高校生対象に体験学習を開催

    自動車整備のおもしろさを知ってもらうと、岐阜県自動車整備振興会…

  4. 整備関係

    中部運輸局がICT活用テーマに事故防止セミナー

    「ICTがもたらす事故防止の未来」をテーマに、中部運輸局は今年…

  5. 整備関係

    整備業界の未来を考える会がOBD検査などで意見交換

    三重県自動車整備振興会は11月9日、津市の振興会館で第27回「…

  6. 整備関係

    整備関係

    日整連の実態調査で定期点検売り上げ3・4%増

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は平成31年度の自動…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP