中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

車検証の電子化に向け設備投資に支援要請

中部5県の整備振興会・商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協議会(会長・川村保憲愛整振会長)は、令和5年1月から導入される自動車検査証の電子化に伴い、整備事業者の設備投資に対して政府に支援を要望するよう、日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)に申し入れた。これを受けて日整連はこのほど、国土交通省自動車局整備課に要望内容を伝えた。中整連では「整備業界は大半の事業者が小規模事業者で厳しい経営環境にある中、国民生活や社会経済活動を支える重要な存在として、常に時代の要請に応えて事業を推進している」として、今回の車検証電子化に伴う事業者の設備投資に国の支援を要望している。

(全文は整備新聞 令和3年6月10日号:1面に掲載)

中部4月の整備工場数で廃止が再び大幅増加、愛知で目立つ前のページ

電子制御整備認証の取得率は全国約10%で中部は20%超える次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振・地区自動車組合が主体で開催

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は「マイカーてんけん日…

  2. 整備関係

    愛知の関係団体、自動車諸税の軽減を大村知事に要望

    自動車税制の負担軽減を求め、日本自動車連盟(JAF)愛知支部や…

  3. 整備関係

    愛整振・令和5年度から二養など受講に県の支援

    整備業界も人材確保・育成が大きな課題となる中で、愛知県自動車整備振興会…

  4. 整備関係

    整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

    整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連…

  5. 整備関係

    中部整備業界で電子整備認証の取得率が約35%に

    新点検基準の施行を控え、特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得…

  6. 整備関係

    運輸支局などが年度末の混雑緩和に協力求める

    年度末の3月は自動車の検査・登録業務が増加することから、各県運輸支局や…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP