中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

企画特集

 

企画特集

4月6日から春の交通安全運動を展開

愛知県の交通事故死者数は、3年連続で全国ワーストワンの汚名を返上してきたが、今年に入り死者数が昨年を上回るペースで推移しており厳しい状況が続いている。3月15日現在(暫定数)では、愛知県が全国ワーストワンとなっている。2位の神奈川県、東京都とは1人差で僅差となっているが、気候が良くなる春先は外出する機会が増え事故の危険性も高まる。死者数が高いレベルで推移している中で、今年も汚名を阻止するためにも、自動車業界が一丸となって交通事故の防止に力を入れる。

今年も4月6日から15日までの10日間、県民総ぐるみの「春の交通安全運動」(写真=昨年春の交通安全運動出発式)が展開される。これから陽気が良くなるシーズンは、1年で最も交通事故の危険が高まるとも言われている。さらに時節柄、飲酒運転による交通事故も懸念される。健全なクルマ社会を目指す自動車業界にとって「ストップ・ザ交通事故」は最大の目標となっている。

(全文は整備新聞 令和4年3月25日号:4面に掲載)

大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化前のページ

保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援次のページ

関連記事

  1. 企画特集

    愛整振・創立70周年、歴史を刻み前へ

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は令和3年度、創立70周年を迎え…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP