中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援

自動車事故による被害者の保護を増進するため、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の資金を活用できるようにする法律案が閣議決定された。これは「自動車損害賠償保障法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律案」。国土交通省の発表によると、自動車事故件数及び死者数は減少傾向にあるものの、引き続き、毎年新たな自動車事故被害者となる人が発生するとともに、事故による後遺障害者数は横ばい傾向にある中、リハビリテーションの機会の充実などによる被害者支援の更なる充実や、先進的な安全技術の普及などによる事故防止の一層の推進が必要不可欠となっている。

一方で、被害者支援及び事故防止に係る事業は、自動車事故対策勘定に置かれる有限の積立金を財源としており、その財源が枯渇した場合、事業の継続が困難となるおそれがある。このため、被害者支援及び事故防止に係る事業について、持続的に実施できる仕組みへの転換を図ることにより、被害者やその家族などが安心して生活できる社会、自動車事故のない社会の実現に向けた取り組みを進めることが必要としている。

(全文は整備新聞 令和4年3月25日号:3面に掲載)

4月6日から春の交通安全運動を展開前のページ

タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重自販協、総会で岩井支部長・会長を再選

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長)は2月…

  2. 整備関係

    コロナ禍でカー用品の売上げも年間2.7%減

    一昨年10月の消費税増税以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、…

  3. 整備関係

    愛知運輸支局・功労者90名を表彰

    中部運輸局愛知運輸支局は11月29日、名古屋市瑞穂区の愛知県ト…

  4. 整備関係

    2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

    昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年…

  5. 整備関係

    自動車整備技能登録試験で10種目平均の合格率は85・9%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、3月21日に実施した令和2年度…

  6. 整備関係

    静岡整振が理事会、創立70周年記念含め事業計画を審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は1月29日、静岡整振本…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP