中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備需要動向調査、コロナ禍で売上・入庫DIが悪化

新型コロナウイルスの感染再拡大による先行き不透明感などで、総整備売上高DI・総入庫台数DIとも再び大幅低下し、整備業界の景況感が厳しさを増している。日本自動車整備振興会連合会(日整連)はこのほど、第52回「整備需要等の動向調査」の結果をまとめた。調査は毎年2回、自動車整備事業場における整備需要などの動向について、直近6カ月間の業績と向こう6カ月間の業績予想を把握するもの。今回は専業の認証246事業場、専業の指定382事業場、ディーラーの指定307事業場の合計935事業場を対象に今年1月時点で調査した。調査結果によると、今期(令和3年7~12月)の総整備売上高DI(プラスと回答した事業者の割合からマイナスと回答した事業者の割合を引いた数値)はマイナス13・5で、前期(同1~6月、プラス2・2)より15・7ポイントと、1年半ぶりに悪化し、コロナ禍前(第48回調査)の水準程度にまで低下した。

(全文は整備新聞 令和4年4月25日号:4面に掲載)

新たな図柄入りナンバープレートの交付を開始前のページ

JU岐阜組合、JU岐阜ショップイベントで906件の応募次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜検査員会が幹事会で令和3年度事業など審議

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(…

  2. 整備関係

    愛整振・安城支部が総会で技術向上や経営安定化など研修会を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・安城支部(鈴木三喜男支部長)は…

  3. 整備関係

    愛整振・指定整備委員会を開催し指定整備の適正化など審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は1月25日、小牧教育セ…

  4. 整備関係

    継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

    新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度…

  5. 整備関係

    愛整振・豊川支部が自動車技術の動向などで研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・豊川支部(近田清隆支部…

  6. 整備関係

    岐阜整振が11月13日に整備技能競技大会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月13日、岐阜市の岐阜整振…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP