中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

新たな図柄入りナンバープレートの交付を開始

国土交通省は、新しい全国版図柄入りナンバープレートの交付を4月18日からスタートした。約5年間の期間限定で、交付終了は令和9年4月末。これは、ラグビーワールドカップ日本大会、東京2020大会(オリンピック・パラリンピック)特別仕様ナンバープレートに続くもので、今回の新しい図柄は「日本を元気に」というコンセプトで、全国47都道府県の「県花」がデザインされている。

(全文は整備新聞 令和4年4月25日号:4面に掲載)

中部の行政処分、不正車検で指定取消など前のページ

整備需要動向調査、コロナ禍で売上・入庫DIが悪化次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    新型コロナの感染予防で「窓口の混雑避けて」と協力訴え

    新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて「緊急事態宣言」が出されている中…

  2. 整備関係

    中整連が幹事会開き今後の計画や業界動向など情報交換

    中部5県の自動車整備振興会・商工組合で構成する中部地方自動車整…

  3. 整備関係

    岐阜検査員会が書面総会を行い大宮新会長を選出

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会はこのほど…

  4. 整備関係

    中部運輸局、功労者259人を局長表彰

    中部運輸局は10月17日、名古屋市昭和区の公会堂で、令和5年度…

  5. 整備関係

    運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に

    国土交通省は、自動車検査登録手続きの「キャッシュレス化」と「デジタル化…

  6. 整備関係

    不正防止対策で「同一性違反」重点に指導強化

    中部運輸局は行政処分につながる不正やミスなどを防止するため、今年度は「…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP