中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の行政処分、不正車検で指定取消など

中部運輸局は令和3年度の整備事業者に対する行政処分状況をまとめた。前年度に続き、愛知で不正車検による指定取消が1件あったほか、保安基準適合証の交付停止が増え、停止期間も165日という長期間処分も発生。違反内容では検査の一部未実施が目立つ。昨年来、ディーラーの不正車検発覚が全国的に相次ぎ、社会問題になっている。安全確保に向け、改めて整備事業者、検査員のコンプライアンスが強く求められている。昨年度の中部管内の行政処分件数は10件で、そのうち1件は認証事業者の事業停止処分。指定整備事業者の行政処分9件の内訳は、指定取消が愛知の1件、保安基準適合証交付停止が8件。さらに検査員解任命令が愛知で1件、三重で2件、福井で1件の合計4人あった。交付停止は5県全てに広がった。

(全文は整備新聞 令和4年4月10日号:1面に掲載)

静岡整振、点検整備の推進など重点に来年度の計画前のページ

新たな図柄入りナンバープレートの交付を開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜商工・理事会で各委員会委員を選任

    岐阜県自動車整備商工組合(直井憲治理事長)は6月23日、整備振…

  2. 整備関係

    岐阜整振・総会で田口会長の再選など

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月11日、岐阜市日置…

  3. 整備関係

    岐阜整振がコロナ対策の「県のステッカー提示」 をアピール

    新型コロナウイルス感染症の対策に向けて、岐阜県自動車整備振興会…

  4. 整備関係

    整備関係

    日整連の実態調査で定期点検売り上げ3・4%増

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は平成31年度の自動…

  5. 整備関係

    愛整振・中川支部が理事ブロック長会議でコロナ禍での事業活動など協議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部…

  6. 整備関係

    整備関係

    愛知・整備主任者資格取得講習で江南・犬山支部が単独開催

    愛知運輸支局と愛知県自動車整備振興会は特定整備制度のスタートに伴い、整…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP