中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

危機管理の強化など:坪井史憲・中部運輸局長

あけましておめでとうございます。新たな年を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。年の初めを節目として、皆様それぞれが、この1年を展望し、思いを新たにしておられることと思います。昨年は新型コロナウイルス感染症の流行により、社会情勢が大きく変動した一年となりました。特に交通・観光については、4月、5月の緊急事態宣言以降の外出・移動の自粛等により、年間を通して大きな影響を受けました。山積する課題を克服し、ウィズ・コロナ時代の生活様式の変化に対応した「新たな日常」を実現するべく、気持ちも新たに対応していく決意です。

(全文は整備新聞 令和3年1月10日号:2面に掲載)

課題を乗り越えて時代へ!前のページ

OSSの促進さらに:小林博之・愛知運輸支局長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振が飛龍高校にHV3台を寄贈

    整備士の人材確保への取り組みを強めている静岡県自動車整備振興会…

  2. 整備関係

    中部運輸局管内の人事異動で3支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本…

  4. 整備関係

    整備関係

    【特集】 今年も6月「不正改造車を排除する運動」

    今年度も6月1ヵ月間を強化月間として「不正改造車を排除する運動」が全国…

  5. 整備関係

    愛知の車検市場は上半期も底堅く

    今年度上半期(4~9月)の継続車検市場は、いわゆる裏年に当たるものの堅…

  6. 整備関係

    今年4月から自賠責が平均6・7%引き下げ

    自動車やバイクの全ての所有者に加入が義務付けられている自動車損害賠償責…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP