中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

課題を乗り越えて時代へ!

令和3年がスタートした。コロナ禍で先が見通せない。まずは、一刻も早くコロナ収束が望まれる。そして、この1年の大幅なマイナスを取り戻し、再び力強い発展のシナリオを歩んでいきたい。新しいステージに、クルマ社会の夢と希望が広がっている。
自動車業界のキーワードは、「自動運転」と「電動化」。これが今年は大きく前へ進む。大変革の真只中で、裾野の広い関連業界全てが新たな課題の対応を求められる。
つい最近まで夢の技術と言われた自動運転車は、もう目の前にある。今年はレベル3の自動車が市場に登場する。国の目標は、2025年に高速道路での完全自動運転。クルマ社会の新しい日常が、確実に近づいている。
もう一つの電動化。日本が2050年のカーボンニュートラルの実現を目指す実行計画の中で、新政権は昨年末、2030年代半ばにも国内でガソリン車の新車販売を禁止する方向性を明らかにした。部品メーカーや整備業界に及ぼす影響が大きいことは間違いない。

(全文は整備新聞 令和3年1月10日号:1面に掲載)

愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催前のページ

危機管理の強化など:坪井史憲・中部運輸局長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    【特集】 今年も6月「不正改造車を排除する運動」

    今年度も6月1ヵ月間を強化月間として「不正改造車を排除する運動」が全国…

  2. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

  3. 整備関係

    整備関係

    国交省:省令・告示改正、4月から自動運行装置の点検整備に認証

    国土交通省は2月6日、道路運送車両法改正に伴う「特定整備制度」などを柱…

  4. 整備関係

    日整連・整商連が書面で総会、竹林会長らを再選

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(竹林武一会長)は9月25…

  5. 整備関係

    整備関係

    ミャンマーから政府関係者ら整備士制度など視察

    経済発展が著しいミャンマーで、国家技能標準開発事業における自動車整備分…

  6. 整備関係

    岐阜整振がコロナ対策の「県のステッカー提示」 をアピール

    新型コロナウイルス感染症の対策に向けて、岐阜県自動車整備振興会…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP