中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の岡崎支部が整備技術向上へセミナーを開く

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部長)は11月23日、ザ・グランドティアラ岡崎のチャペルで整備技術向上セミナー(写真チャペルで開催されたセミナー)を開き、会員ら30人が参加した。今回は愛整振総務部の谷孝浩次長を講師に、特定整備制度に伴う電子制御装置整備の概要やIC自動車検査証、OBD検査の動きについて研修した。

(全文は整備新聞 令和3年12月10日号:2面に掲載)

蒲郡市倫理法人会がコバックの小林社長を招き講話前のページ

愛知の豊橋支部がフードバンクにカップ麺を寄贈次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化

    大型車の車輪脱落事故が増加していることから、国土交通省は、「大型車の車…

  2. 整備関係

    電子車検証でパブコメ、適切な組織体制や設備など

    来年1月から車検証の電子化が始まるのに伴い、指定整備事業者が車検有効期…

  3. 整備関係

    整備用機械工具販売が5年連続で前年度を上回る

    自動車整備用機器の販売が堅調に推移している。日本自動車機械工具販売協会…

  4. 整備関係

    特定整備・次代へアプローチ「明豊自動車(豊田市)」インタビュー

    指定工場の明豊自動車(豊田市)は1月、「電子制御装置整備」の認…

  5. 整備関係

    点検教室や無料点検など2年続きイベント系は大半中止に

    「どこ行こう その日のために マイカー点検」をスローガンに、今年も9~…

  6. 整備関係

    特定整備取得の大須自動車、エーミングを軸にユーザーに技術説明など

    特定整備制度への対応が求められている中で、エーミング作業も行う…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP