中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の豊橋支部がフードバンクにカップ麺を寄贈

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊橋支部(村田旬一郎支部長)は11月29日、豊橋市の東三河フードバンクにカップラーメン720個を寄贈(写真=村田支部長、山崎副支部長、中山副支部長の3役員が参加し寄贈)した。寄贈式には村田支部長、山崎良信氏、中山幸宣氏の両副支部長の3人が出席、村田支部長が「皆さんの支援に役立ててほしい」とフードバンクの服部昭一事務局長に手渡した。

(全文は整備新聞 令和3年12月10日号:2面に掲載)

愛知の岡崎支部が整備技術向上へセミナーを開く前のページ

静岡整備商組が12月から来年2月に3会場でミニ展示会を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中整連総会、事業計画など書面決議

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  2. 整備関係

    今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者などを対象にスキャンツールの導入補…

  3. 整備関係

    特定整備を取得!丸幸自動車インタビュー

    指定工場の丸幸自動車(愛西市)=写真=は1月、「電子制御装置整…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

  5. 整備関係

    中部4月の整備工場数で廃止が再び大幅増加、愛知で目立つ

    中部の整備工場数は、再び廃止が新規を大幅に上回る流れが強まった。中部運…

  6. 整備関係

    静岡商工が3会場で「商工祭」を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)はこのほど、令和2…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP