中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

来年度からOBD検査のシステム登録始まる

令和6年10月から車載式故障診断装置(OBD)を活用した自動車検査が実施されるのに対応して、整備事業者のOBD検査システムへの登録申請が来年4月から始まる。自動車技術総合機構や各県整備振興会は現在、整備主任者・検査員研修などを通じて周知活動を行っており、愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)では指定・認証工場とも会員分は一括申請する計画だ。

(全文は整備新聞 令和4年11月25日号:1面に掲載)

秋の叙勲で竹林武一日整連・三重整振会長が旭日中授章前のページ

福井整振・ラジオやテレビも活用して点検・整備を啓発次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    国土交通省・燃料電池車などに関する規制を一元化

    国土交通省は、圧縮水素等を燃料とする燃料電池自動車等について、道路運送…

  2. 整備関係

    整備関係

    JAF愛知、大学生が考案したドライブコースで観光促進イベント

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は1月14日から3月…

  3. 整備関係

    岐阜の指定部会と検査員会が電子車検証の説明会でカードリーダー配布も

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の指定部会(遠藤太桂康委員長)と…

  4. 整備関係

    愛整振港支部が警察などと連携しリレーアタックを防ぐ鍵入れ缶制作

    自動車盗難が後を絶たない中、愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・港…

  5. 整備関係

    愛知が外国人技能実習試験の受験者数で全国1位

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  6. 整備関係

    岐阜連絡会、県内15校の高等学校訪問、奨学金制度のアピールも

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜自…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP