中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・蒲郡支部が総会で事業計画決め、夏目新支部長を選出

愛整振蒲郡支部(三田俊和支部長)はこのほど、書面による第31回通常総会を行い、令和3年度事業計画を決めたほか、役員改選で新支部長に夏目政治氏(サンオートメカニック)を選出した。新年度は会員相互の連携を図りながら、交通事故の撲滅や整備不良による交通事故防止などに取り組む。

(全文は整備新聞 令和3年9月10日号:4面に掲載)

 

10月から新規・継続の検査手数料が1台当たり一律400円追加される前のページ

愛整振・尾張旭支部が総会で事業を積極推進、若杉新支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知部販協・総会で石川新会長選出し運営面を見直し効率化

    愛知県自動車部品販売協会(向井英夫会長)はこのほど、新型コロナウイルス…

  2. 整備関係

    整備需要動向調査で売上高DIが急改善し4年ぶりにプラス

    コロナ禍の影響を受けながらも、車検台数の伸びなどに支えられ自動車整備業…

  3. 整備関係

    愛知の車検市場、今年度上半期も堅調で登録車は4・9%増に

    継続検査市場は堅調な動きが続いている。登録車と軽自動車を合わせ年間21…

  4. 整備関係

    大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化

    大型車の車輪脱落事故が増加していることから、国土交通省は、「大型車の車…

  5. 整備関係

    岐阜整振・点検キャンペの年間応募総数3万665枚

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月26日、岐阜市の同…

  6. 整備関係

    中部運輸局・新局長に嘉村氏が就任

    中部運輸局の新局長に、1月5日付の国土交通省人事異動で、独立行…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP