中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ご当地ナンバー「伊勢志摩」「四日市」など5月11日から交付

国土交通省は、新たに地域名表示(ご当地ナンバー)による全国17地域の地方版図柄入りナンバープレートについて、5月11日から交付開始することを決めた。事前申し込みは4月13日からで、ユーザー自身がウエブサイトで申し込むか、「最寄りの整備工場などに相談する」よう説明している。今回の新たなご当地ナンバーは、中部地区では「伊勢志摩」(対象区域=伊勢市・鳥羽市・志摩市・多気郡・度会郡)と「四日市」(同=四日市市)。

(全文は整備新聞 令和2年4月10日号:2面に掲載)

整備関係中部運輸局:林自動車技術安全部長・特別インタビュー前のページ

愛知・整備主任者資格取得講習で江南・犬山支部が単独開催次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜・人材連絡会で高校生の体験学習もアピール

    岐阜自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・田中秀一岐阜運輸支局長)は5…

  2. 整備関係

    愛整振・教育技術委員会で二養講習など来年度計画を審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の教育技術委員会(髙橋博…

  3. 整備関係

    愛整振・高浜支部がスーパー駐車場で無料点検行う

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の高浜支部(神谷則喜 …

  4. 整備関係

    車検証の電子化で振興会事務局対象に説明

    来年1月から自動車検査証の電子化がスタートすることから、中部運…

  5. 整備関係

    駐車ブレーキなどOBDを活用した点検方法を導入

    国土交通省は、自動車技術の進化が目覚ましく、自動運転技術や電動車の普及…

  6. 整備関係

    愛整振・優良整備士など197人を会長表彰

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)は7月12日、名古屋市…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP