中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ご当地ナンバー「伊勢志摩」「四日市」など5月11日から交付

国土交通省は、新たに地域名表示(ご当地ナンバー)による全国17地域の地方版図柄入りナンバープレートについて、5月11日から交付開始することを決めた。事前申し込みは4月13日からで、ユーザー自身がウエブサイトで申し込むか、「最寄りの整備工場などに相談する」よう説明している。今回の新たなご当地ナンバーは、中部地区では「伊勢志摩」(対象区域=伊勢市・鳥羽市・志摩市・多気郡・度会郡)と「四日市」(同=四日市市)。

(全文は整備新聞 令和2年4月10日号:2面に掲載)

整備関係中部運輸局:林自動車技術安全部長・特別インタビュー前のページ

愛知・整備主任者資格取得講習で江南・犬山支部が単独開催次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

    ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユ…

  2. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  3. 整備関係

    課題を乗り越えて時代へ!

    令和3年がスタートした。コロナ禍で先が見通せない。まずは、一刻も早くコ…

  4. 整備関係

    今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者などを対象にスキャンツールの導入補…

  5. 整備関係

    整備関係

    新春放談・愛整振の坪内恊致会長に聞く

    自動車整備業界も今年から大変革期を迎える。自動運転など自動車技術の急進…

  6. 整備関係

    整備関係

    三重運輸支局・白木広治支局長就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局三重運輸支局長に前交通政策部計画調整官の白木広…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP