中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振支部長会で来年度キャンペーンの説明など

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月10日、小牧教育センターで第28回支部長会(委員長・川村会長)=写真=を開いた。議題では「セーフティー&クリーンキャンペーン2021」の抽選を行ったほか、報告事項では①自動車整備技術の高度化検討会における意見要望②第19回愛知県自動車整備技能競技大会の参加申し込み状況③セーフティー&クリーンキャンペーン2022の内容④愛整振定時総会・同商組通常総代会日程―などについて説明した。

(全文は整備新聞 令和4年2月25日号:1面に掲載)

愛整振の支部長会で今年度キャンペの抽選行う前のページ

愛知のユーザー車検は減少幅がやや拡大次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振、総会で人材育成などを強調

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月22日、津駅前のホ…

  2. 整備関係

    静岡で2月19日に「人材確保・育成」に向けてセミナー開催

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は、人材確保事業の一環と…

  3. 整備関係

    中整連が理事会で特定整備制度の対応など

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  4. 整備関係

    愛知の車検市場、今年度上半期も堅調で登録車は4・9%増に

    継続検査市場は堅調な動きが続いている。登録車と軽自動車を合わせ年間21…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツ、津島市と高齢者支援を協定し見守り活動など

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  6. 整備関係

    タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意

    日本自動車タイヤ協会(JATMA,東正浩会長)はこのほど、タイヤの空気…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP