中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知のユーザー車検は減少幅がやや拡大

継続車検市場がマイナスに転じる中、ユーザー車検も前年比で減少が続いている。昨年9~今年1月の5カ月間の愛知のユーザー車検台数(登録車・継続)は4万700台となり、前年同期(4万2,477台)に比べて4・8%減と、平均をやや上回る減少幅となった。

(全文は整備新聞 令和4年2月25日号:1面に掲載)

愛整振支部長会で来年度キャンペーンの説明など前のページ

愛知の継続車検、昨年9月から前年比減少次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備白書・業界環境の変化を説明

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和3年度特定整…

  2. 整備関係

    保守管理意識を高め適切に~中部運輸局林健一技術安全部長

    【点検整備実施率の状況と課題】自動車ユーザーには、自動車の不具合による…

  3. 整備関係

    愛知の自動車盗難、前年比49%の大幅増(7年ぶり)

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は745件で、前年の認知…

  4. 整備関係

    愛整振・三河地区に再び教育施設を検討

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は整備技術力強化に向けた教育事業…

  5. 整備関係

    岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月22日、岐阜市の同…

  6. 整備関係

    三重整振が警察に交通事故防止啓発物を寄贈

    秋の交通安全運動が展開される中、三重県自動車整備振興会(竹林武…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP