中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・小牧支部が総会で伊藤新支部長を選出、点検教室も計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の小牧支部(長谷川勉支部長)はこのほど、書面による第31回総会を行い、マイカー点検教室や地域イベントへの参加などを内容とした令和3年度の事業計画を決めたほか、役員改選で新支部長に伊藤敬一氏を選出した。

新年度は会員相互の連携を図るとともに、コロナウイルスの状況を見ながら運営・事業・教育の3委員会が中心となり各種事業を展開する。

(全文は整備新聞 令和3年9月10日号:4面に掲載)

愛整振・半田支部が総会で会員連携し地域密着の活動など前のページ

中部の車体整備業界、特定整備認証取得がややペースダウン次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    健全な車社会発展へ:山口真史・愛知会議所会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎え、ここに謹んで…

  2. 整備関係

    愛知の継続車検、昨年9月から前年比減少

    登録車の継続車検市場が昨年9月から再び前年比マイナスに転じている。これ…

  3. 整備関係

    整備人材確保へWG設置、離職者の復職後押しも

    国土交通省は、自動車整備業界における人材の確保や育成に計画的・効果的に…

  4. 整備関係

    愛整振、フロントマンレベルアップ研修を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月14日、小牧教育セ…

  5. 整備関係

    タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意

    日本自動車タイヤ協会(JATMA,東正浩会長)はこのほど、タイヤの空気…

  6. 整備関係

    スキャンツール導入補助金を今年度は10月4日から公募開始

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者を対象に、外部故障診断機(スキャン…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP