中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

なんでも相談で衝突実験車両も展示、安全対策などアピール

「クルマに関することは何でも相談に応じます」と、愛知県自動車会議所(山口真史会長)は自動車関係16団体と共催で10月14、15の両日、名古屋の金山総合駅連絡橋イベント広場(コンコース)で3年ぶりに「自動車なんでも無料相談所」を開設した。(写真=多くの人が展示ブースに訪れた)平成18年度から開催しており、今年度で15回目。目的は「自動車ユーザーなどからの自動車に関する幅広い相談に応じるとともに、自動車関係団体の主要背策のアピールや図柄入りナンバープレートなどの各種パネルを展示することにより、ナンバープレートの理解を促進する」など。初日の金曜日は通勤・通学者、2日目は行楽・買い物の家族連れなど幅広い層の来場者で賑わった。

(全文は整備新聞 令和4年10月25日号:1面に掲載)

車検証の電子化で移行期の業務切迫など対策検討前のページ

大阪万博の特別仕様ナンバープレートが交付開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    NGK・後付けの踏み間違い防止「アイアクセル」の取り扱いを開始

    ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故の発生抑制に対して貢献…

  2. 整備関係

    DRP、SBI損保、JATTOが連携し、エーミング対応の全国ネットを構築

    先進安全自動車の修理に伴い、電子制御装置整備(エーミング)の対応が求め…

  3. 整備関係

    整備業界の人材確保へ「セミナーも活動の柱に」

    整備業界の人材確保が大きな課題となる中、愛知自動車整備人材確保・育成連…

  4. 整備関係

    整備白書・業界環境の変化を説明

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和3年度特定整…

  5. 整備関係

    岐阜整振で特定整備の説明会を5月に13回開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の指定部会(遠藤太桂康委…

  6. 整備関係

    松井・岐阜運輸支局長、就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前軽自動車検査協会愛知…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP