中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

大阪万博の特別仕様ナンバープレートが交付開始

国土交通省は10月24日から、令和7年に開催される大阪・関西万博を記念した特別仕様ナンバープレートの交付を開始した。7年12月26日まで約3年間の期間限定として全国で交付している。料金は、中板2枚1組で大阪地区は8,400円、全国平均で8,413円。寄付金1000円の追加で、フルカラーのナンバープレートを受けることができる。

(整備新聞 令和4年11月10日号:4面に掲載)

なんでも相談で衝突実験車両も展示、安全対策などアピール前のページ

新たに10地域から地方版図柄ナンバーの導入申請次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子車検証でパブコメ、適切な組織体制や設備など

    来年1月から車検証の電子化が始まるのに伴い、指定整備事業者が車検有効期…

  2. 整備関係

    自動車整備技能登録試験で1級小型自動車学科試験合格率は97・6%

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一 会長)は5月14日に実施した令和…

  3. 整備関係

    三重運輸支局・功労者51人と優良22事業者表彰

    三重運輸支局(村上隆幸支局長)は10月24日、津市の男女共同参…

  4. 整備関係

    愛整振・千種名東支部が総会で経営・技術向上に向けて講習会など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の千種・名東支部(加藤山士 支…

  5. 整備関係

    中部運輸局・髙瀬竜児自動車技術安全部長の就任インタビュー

    国土交通省の7月1日付人事異動で、中部運輸局自動車技術安全部長…

  6. 整備関係

    愛知部販協・業界発展や会員の連携強化に力

    愛知県自動車部品販売協会(石川量章 会長)は6月28日、名古屋…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP