中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

新たに10地域から地方版図柄ナンバーの導入申請

国土交通省は、地域の観光資源などをデザインした地方版図柄入りナンバープレートについて、新たに全国の10地域から導入の申し込みを受け付けた。このうち五地域は、今回の募集要件で新設した都道府県の全域を単位とする図柄としている。都道府県の全域を単位とする図柄は、秋田県、栃木県、群馬県、東京都、沖縄県の五地域。既存の地域名表示を単位とする図柄は、福島県(いわき)、栃木県(那須)、愛知県(岡崎)、大阪府(堺)、広島県(広島)の五地域。

(全文は整備新聞 令和4年11月10日号:4面に掲載)

大阪万博の特別仕様ナンバープレートが交付開始前のページ

大型車の車輪脱落事故が上昇傾向、人身事故も発生次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス愛知が秋の点検キャンペーン決起大会を開催

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水…

  2. 整備関係

    高山東・西支部が合同で新年懇親会を開き交流深める

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・飛騨ブロックの高山東支…

  3. 整備関係

    10月1日からOBD検査プレ運用開始

    自動車技術が高度化する中で、自動車技術総合機構と軽自動車検査協会は、2…

  4. 整備関係

    愛整振・支部が県内各地で防犯ネジの取り付けキャンペーン

    自動車関連盗難が後を絶たない中、今年度も愛知県自動車整備振興会…

  5. 整備関係

    愛整振・西支部が総会で電子車検証などの研修会を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西支部(堀田誠支部長)…

  6. 整備関係

    オリ・パラ特別ナンバーの交付と申込期限を1年延長

    国土交通省は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催延…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP