中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

指定22Bが指定工場の動向テーマに研修会

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の指定22ブロック(津島地区=本多晃浩ブロック長)は12月5日、名古屋駅前の北京宮廷料理・涵梅舫で例会(写真)を開いた。冒頭、本多ブロック長が挨拶で「業界では特定整備や車検証のIC化、OBD検査への対応など、指定整備の環境も大きく変化している。今後も、さまざまな動きに対応していきながら、時代の波に乗って活動を展開していきたい」と強調した。

(全文は整備新聞 令和6年1月10日号:13面に掲載)

豊川支部が研修会でタイヤ空気充てん講習前のページ

半田支部が忘年会で最近の業界動向など話題に親睦次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知・瀬戸支部がスーパーで無料点検を実施

    瀬戸自動車販売整備組合と一体で活動を展開する愛知県自動車整備振…

  2. 整備関係

    愛知・豊川支部が総会で高田支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の豊川支部(大羽政好 …

  3. 整備関係

    三重・未来を考える会が鈴鹿のリサイクル工場を見学

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  4. 整備関係

    愛整振・春日井支部が年賀交歓会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の春日井支部(栗林實 …

  5. 整備関係

    未来考える会・子供の整備体験などフェスタの参画内容について審議

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一 会…

  6. 整備関係

    春の褒章で愛知の小川慶一氏が黄綬褒章を受章

    令和5年度秋の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から、愛知…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP