中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河区の同振興会総合会館で「第8回定時総会」(写真)を開いた。令和元年度の事業報告や決算関係書類、定款変更などを承認したほか、令和2年度の事業・予算計画の概要について報告した。今回は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、規模を縮小して開催した。冒頭の挨拶で杉山会長は「衝突被害軽減ブレーキなど安全運転支援システムを装備した車両が急速に普及している」としたうえで、「特定整備制度の施行に伴い、スキャンツールによる高度な故障診断技術やエーミング作業など新たな技術の習得が求められている」と強調した。

(全文は整備新聞 令和2年6月25日号:1面に掲載)

愛整振、総会で事業推進積極化前のページ

岐阜整振、総会で田口会長らを再選次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    岐阜整振の特定整備説明会、予想以上の700人が参加

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)はこのほど、「特定整備」の説明会…

  2. 整備関係

    中部5県でOBD検査のプレテストを実施、約250事業者が参加

    自動車技術が高度化する中で、自動車技術総合機構は2024年10…

  3. 整備関係

    ロータス愛知が感謝の集いでキャンペーンの報告など

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水…

  4. 整備関係

    中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付

    継続検査OSS申請を行う利用者の利便性向上を目的に愛知運輸支局…

  5. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  6. 整備関係

    豊川支部が総会開き役員改選で近田支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊川支部(大羽政好支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP