中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河区の同振興会総合会館で「第8回定時総会」(写真)を開いた。令和元年度の事業報告や決算関係書類、定款変更などを承認したほか、令和2年度の事業・予算計画の概要について報告した。今回は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、規模を縮小して開催した。冒頭の挨拶で杉山会長は「衝突被害軽減ブレーキなど安全運転支援システムを装備した車両が急速に普及している」としたうえで、「特定整備制度の施行に伴い、スキャンツールによる高度な故障診断技術やエーミング作業など新たな技術の習得が求められている」と強調した。

(全文は整備新聞 令和2年6月25日号:1面に掲載)

愛整振、総会で事業推進積極化前のページ

岐阜整振、総会で田口会長らを再選次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    日整連の実態調査で定期点検売り上げ3・4%増

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は平成31年度の自動…

  2. 整備関係

    整備関係

    軽自動車検査協会が令和2年度の事業計画を決める

    軽自動車検査協会はこのほど令和2年度の事業計画を決めた。主要施策として…

  3. 整備関係

    整備関係

    中部の行政処分「原因はうっかりミス」など

    検査員の知識不足などにより、中部では令和元年度に整備事業者に対する厳し…

  4. 整備関係

    整備関係

    ご当地ナンバー「伊勢志摩」「四日市」など5月11日から交付

    国土交通省は、新たに地域名表示(ご当地ナンバー)による全国17地域の地…

  5. 整備関係

    静岡整振が飛龍高校にHV3台を寄贈

    整備士の人材確保への取り組みを強めている静岡県自動車整備振興会…

  6. 整備関係

    岐阜整振、7月から入庫促進キャンペーンを展開

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月1日から点検整備入庫促進策…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP