中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河区の同振興会総合会館で「第8回定時総会」(写真)を開いた。令和元年度の事業報告や決算関係書類、定款変更などを承認したほか、令和2年度の事業・予算計画の概要について報告した。今回は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、規模を縮小して開催した。冒頭の挨拶で杉山会長は「衝突被害軽減ブレーキなど安全運転支援システムを装備した車両が急速に普及している」としたうえで、「特定整備制度の施行に伴い、スキャンツールによる高度な故障診断技術やエーミング作業など新たな技術の習得が求められている」と強調した。

(全文は整備新聞 令和2年6月25日号:1面に掲載)

愛整振、総会で事業推進積極化前のページ

岐阜整振、総会で田口会長らを再選次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

  2. 整備関係

    岐阜整振が理事会でキャンペーンや競技大会など事業計画を審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は3月24日、岐阜整振本…

  3. 整備関係

    愛知電装整備組合が総会開き、新理事長に平出氏を選出

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は5月25日、…

  4. 整備関係

    愛整振・豊川支部が特定整備テーマに役員研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊川支部(大羽政好支部…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証・中部で取得率が26%に

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、この6月末現在で中部…

  6. 整備関係

    継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

    新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP