中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃止を上回り、前年比でわずかながら増加した。昨年4月から特定整備制度が施行され、整備工場数の動向が注目されているが、専業の旺盛な認証新規の動きが続いた。車体整備業や電装整備業、その他の業態などの一部では電子制御装置整備の認証取得もあった。その一方で、ディーラーが事業合理化で拠点統合し、認証廃止や指定返納するケースも目立った。

中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場の新規・廃止状況によると、令和2年度は合計で認証の新規が199件と前年度より8件増加。それに対して、廃止は180件と2件減少した。前年度に続き、2年連続で新規が廃止を上回った。年間を通して見ると、新規が廃止を上回る月が多かった。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:1面に掲載)

特定整備認証を取得、大森自動車インタビュー前のページ

春の叙勲・褒章で浮田氏が旭日小綬章、太田氏が黄綬褒章次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    中部の整備工場数で10月の新規が廃止の3倍に

    特定整備制度への取り組みが活発化する中で、中部の整備工場数は認証の新規…

  2. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  3. 整備関係

    岐阜整振、クルマの児童画作品を展示

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)はこのほど、岐阜市の「み…

  4. 整備関係

    坪内恊致氏の「お別れの会」しめやかに

    令和2年7月24日に満84歳で死去した坪内恊致愛知ダイハツ・愛…

  5. 整備関係

    愛知・江南支部が役員会で今後の支部活動など取り組みを討議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)は1…

  6. 整備関係

    特定整備施行1年、中部運輸局・林健一自動車技術安全部長特別インタビュー

    特定整備制度がスタートして1年、整備業界にとって目下の1番の課題は先進…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP