中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃止を上回り、前年比でわずかながら増加した。昨年4月から特定整備制度が施行され、整備工場数の動向が注目されているが、専業の旺盛な認証新規の動きが続いた。車体整備業や電装整備業、その他の業態などの一部では電子制御装置整備の認証取得もあった。その一方で、ディーラーが事業合理化で拠点統合し、認証廃止や指定返納するケースも目立った。

中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場の新規・廃止状況によると、令和2年度は合計で認証の新規が199件と前年度より8件増加。それに対して、廃止は180件と2件減少した。前年度に続き、2年連続で新規が廃止を上回った。年間を通して見ると、新規が廃止を上回る月が多かった。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:1面に掲載)

特定整備認証を取得、大森自動車インタビュー前のページ

春の叙勲・褒章で浮田氏が旭日小綬章、太田氏が黄綬褒章次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    中山・静岡運輸支局長、就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局静岡運輸支局長に前中部運輸局総務部人事…

  2. 整備関係

    愛知のユーザー車検は減少幅がやや拡大

    継続車検市場がマイナスに転じる中、ユーザー車検も前年比で減少が続いてい…

  3. 整備関係

    三重整振・理事会で上半期の報告や点検キャンペーンの対応など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月1日、津市の振興…

  4. 整備関係

    三重自販協、総会で岩井支部長・会長を再選

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長)は2月…

  5. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

  6. 整備関係

    愛整振・支部長会で来年度のキャンペーンなど審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月10日、小牧教育セ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP