中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部で指定取消処分が15件、BMの不正車検など

中部ではビッグモーター(BM)の悪質な不正事案などが多く発生したこともあり、令和5年度は指定取消処分が大幅に増加した。保安基準適合証の交付停止は前年度を下回ったものの、自動車検査員の解任命令は21件にも上った。中部運輸局管内(5県)では、令和5年度の不正行為による整備事業者に対する行政処分件数は、指定整備が22件となり、前年度より18件増加した。処分内容では前年度は無かった指定取消処分が15件と大幅に増加、そのうち12件がBM関連となっている。

(全文は整備新聞 令和6年4月10日号:1面に掲載)

愛整振・理事会で整備技能競技大会の開催など決める前のページ

自動車アセスでレクサス「RX」がファイブスター賞次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    トラスティレンタカーが国産高級車から輸入車まで損保代車をラインナップ

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  2. 整備関係

    中日本短大・留学生含め322人の新入学生迎える

    神野学園・中日本自動車短期大学(山田弘幸 理事長・学長)は4月…

  3. 整備関係

    今年4月から自賠責が平均6・7%引き下げ

    自動車やバイクの全ての所有者に加入が義務付けられている自動車損害賠償責…

  4. 整備関係

    新明工業・秋の感謝祭を盛大に開催

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、近藤恭弘 社長…

  5. 整備関係

    事故防止をさらに~春の交通安全運動を展開

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部が名市大と連携して幼児の交通安全活動を啓発

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は3月9日、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP