中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の継続車検、登録車は前年比3・5%増

車検市場が堅調に推移している。大市場の愛知県における令和2年度の継続検査台数は、登録車と軽自動車の合計で前年度を2・8%上回った。過去の販売台数の影響で、概ね年度前半は減少したが、後半に持ち直した。コロナ禍の影響も一部指摘されているが、年間を通して安定した動きとなった。

(全文は整備新聞 令和3年5月10日号:1面に掲載)

自動車機構・検査関係など審査事務規定を改定前のページ

岐阜整振が理事会で総会上程議案などを審議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知の津島支部が総会で横井隆幸新支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の津島支部(吉田眞志支部…

  2. 整備関係

    国交省がパブコメ・整備士資格制度を改正

    自動車技術の高度化を背景に、整備士制度が大きく変更されることになった。…

  3. 整備関係

    JATMA・タイヤの点検で不良率が34パーセント

    日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、昨年1年間に全国で5回行…

  4. 整備関係

    OBD検査・確認に向け三重で初の意見交換会

    自動車技術が高度化する中で、中部運輸局自動車技術安全部は令和6…

  5. 整備関係

    三重整振、総会で人材育成などを強調

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月22日、津駅前のホ…

  6. 整備関係

    中部運輸局が事故防止セミナー聴講者募集など説明

    中部運輸局は11月18日、局会議室で定例の記者懇談会を開いた。大石英一…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP