中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の継続車検台数、登録車は2・4%減、軽自動車は0・8%増

継続車検市場が堅調に推移している。愛知県における令和5年度の継続検査台数は、前年度に比べて登録車が2・4%減、軽自動車が0・8%増、合計では1・6%の微減となった。稼働日数が前年度と同日であることを考えると、ほぼ横ばいと言える。昨年度の新車販売市場は車両供給が安定し販売台数が増加傾向にあることから、今後の車検市場にも多少の変化が予想される。

(全文は整備新聞 令和6年4月25日号:1面に掲載)

4月から電子制御装置整備認証の取得が必須に前のページ

軽検査協・令和6年度の事業計画で利用者利便の向上など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    業界の団結と協調で使命を果たす:川村保憲・愛整振会長インタビュー

    自動車整備業界も大変革期に入っている。急進展する自動車技術の高度化を背…

  2. 整備関係

    岐阜整振がコロナ対策の「県のステッカー提示」 をアピール

    新型コロナウイルス感染症の対策に向けて、岐阜県自動車整備振興会…

  3. 整備関係

    大型車の車輪脱落防止でホイール・ナット緊急点検

    近年、大型車の車輪脱落事故が増加傾向にあることから、国土交通省は10月…

  4. 整備関係

    技術高度化に対応し:大石英一郎・中部運輸局長

    新年あけましておめでとうございます。謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツが中警察署と高齢者に交通安全教室

    「身体機能を見極めて交通事故防止を」と、愛知県警中警察署(星野…

  6. 整備関係

    静岡商工・中部総支部のみミニ展示会を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は12月19日、静…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP