中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

4月から電子制御装置整備認証の取得が必須に

4月から電子制御装置整備を行うには認証の取得が必須となるなかで、中部5県の整備工場における取得率は3月末で平均72%となった。認証工場のみでは約56%に留まっており、早期の認証取得が求められている。

(全文は整備新聞 令和6年4月25日号:1面に掲載)

リース車両のレバーレート調査を実施前のページ

愛知の継続車検台数、登録車は2・4%減、軽自動車は0・8%増次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・令和6年度の事業計画の主な内容

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一 会長)の令和六年度事業計…

  2. 整備関係

    総整備売上高が2年連続でプラス成長、車検整備は2・9%増

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一 会長)がまとめた令和5年度の自動…

  3. 整備関係

    電子制御整備認証・1月末の中部の取得率は68・5%

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、会員の1月末現…

  4. 整備関係

    岐阜整振・理事会で専門委員会などの正副委員長を委嘱

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月23日、岐阜県自動…

  5. 整備関係

    愛整振・教育技術委員会で整備士講習など来年度計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の教育技術委員会(髙橋…

  6. 整備関係

    軽自動車検査協会が電子車検証やOBD検査対応の準備など事業計画

    軽自動車検査協会はこのほど令和4年度の事業計画を決めた。事業概要として…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP