中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国土交通省が不正封印の事案を受け、全国で調査を開始

国土交通省は、封印受託業務に関する不正事案が発生したことを受け、4月15日から封印取付を行う事業者に対して、全国一斉に封印の取り扱い状況について調査を開始した。これは北海道旭川市の旭川トヨタ自動車・旭川ボデーサービスセンターにおいて、車両修理時にリヤナンバープレートの封印冠を壊さずに取外し、修理後に同じ封印を使用して「再封印」を行う不正事案があったことによるもの。

(全文は整備新聞 令和6年5月10日号:4面に掲載)

令和6年春の褒章で中部の加藤茂春氏が受章前のページ

中部の整備工場数が5年連続で新規の認証が増加次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振青年部会が例会でOBD検査などの説明会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の青年部会(萩原且人 …

  2. 整備関係

    日整連、3月の登録試験平均合格率83・4%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、3月20日に実施した令和3年度…

  3. 整備関係

    愛整振・中村支部が新年会を開き会員相互の交流深める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の中村支部(加藤博久 …

  4. 整備関係

    愛知の自動車盗難、前年比49%の大幅増(7年ぶり)

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は745件で、前年の認知…

  5. 整備関係

    静岡整振・総会で人材確保へ積極策

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月22日、静岡市駿河…

  6. 整備関係

    愛整振・西尾支部が地元のスーパーで無料点検を実施

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の西尾支部(木下卓往 …

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP