中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備工場数が5年連続で新規の認証が増加

特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が進み、中部地区における整備工場数は令和元年度から五年度まで五年連続で認証の新規が廃止を上回った。一方で廃止も高水準で続いており、とくに専業の後継者難や工員不足、事業不振などの厳しい理由が表面化してきている。5年度は指定工場の新規が減少し、専業・ディーラー問わず、事業合理化・集約化などによる返納が大幅に増加した。

(全文は整備新聞 令和6年5月10日号:1面に掲載)

国土交通省が不正封印の事案を受け、全国で調査を開始前のページ

6月は「不正改造車を排除する運動」を展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・西尾支部が新点検基準などテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西尾支部(木下卓住支部…

  2. 整備関係

    JAF愛知、宇宙をテーマにスタンプラリーを開催

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は1月20日…

  3. 整備関係

    多岐にわたる教育事業など委員会で審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の教育技術委員会(髙橋博文委員長…

  4. 整備関係

    福井整振・ラジオやテレビも活用して点検・整備を啓発

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)では、一昨年までは支部主催で点検教…

  5. 整備関係

    日整連が児童を対象にしたクルマのシールブックを作成

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)はこのほど、…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部が高速道路SAで交通安全イベント

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は4月6日、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP