中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF自動車税制アンケートでユーザーの98%が負担に感じる

自動車に課せられる税金を負担に感じているユーザーは98%。その負担軽減を求めているユーザーは93%――日本自動車連盟(JAF)が行った今年の自動車税制に関するアンケート調査によると、ユーザーの自動車税負担感が依然として強いことが浮き彫りになっている。これに基づいてJAFでは「過重で不合理な自動車税制の抜本的な見直しによる簡素化と、自動車ユーザーの負担軽減の実現」など、2022年度税制改正に関する要望をまとめた。

(全文は整備新聞 令和3年12月10日号:4面に掲載)

中部5県でOBD検査のプレテストを実施、約250事業者が参加前のページ

JAF愛知支部が雪氷対策出発式で冬用タイヤ装着の必要性を実施啓発次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中整連が理事会で特定整備制度の対応など

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  2. 整備関係

    岐阜整振、理事会を開き、専門委員会の正副委員長らを選出

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月24日、岐阜県自動…

  3. 整備関係

    自動車整備の外国人技能実習制度、コロナ禍で受験者数半減

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  4. 整備関係

    愛知部販協・石川量章会長の就任インタビュー

    今年6月、愛知県自動車部品販売協会の会長に石川量章氏(トヨタモ…

  5. 整備関係

    三重運輸支局、46事業場を支局長表彰

    三重運輸支局は7月27日、津市の自動車整備振興会大教室で環境に…

  6. 整備関係

    福井整振が専業部会・事業委員会の合同会議を開く

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は1月25日、福井県自動車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP