中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF愛知支部が雪氷対策出発式で冬用タイヤ装着の必要性を実施啓発

日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は11月29日、名古屋市港区の名古屋高速道路公社船見基地で開催された「雪氷対策出発式」(主催・名古屋高速道路公社)に参加し、冬用タイヤ装着の啓発活動を初めて実施した。会場では冬の滑りやすい路面状況を再現した「低ミュー路」を作り、その路面の上で冬用タイヤ装着車と、夏用タイヤ装着車を走行させ、急ブレーキをかけた時の制動距離を見比べるとともに、冬用タイヤの有効性や装着の必要性を啓発した。(写真)

(全文は整備新聞 令和3年12月10日号:4面に掲載)

JAF自動車税制アンケートでユーザーの98%が負担に感じる前のページ

点検教室や無料点検など2年続きイベント系は大半中止に次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    USS名古屋が初荷AAでイベント企画など各種プレゼント

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は東海市の名古屋会場で1…

  2. 整備関係

    三重整振・総会で竹林会長を再選、業界の使命を訴える

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月4日、津駅前のホテ…

  3. 整備関係

    特定整備・次代へアプローチ「奥村自動車(名古屋市中川区)」インタビュー

    指定工場の奥村自動車(名古屋市中川区)=写真=は9月、「電子制…

  4. 整備関係

    愛整振・指定22Bが例会と懇親会開き会員の交流深める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・指定22ブロック(津島地区=本…

  5. 整備関係

    岐阜の人材確保、コロナ禍で一部事業中止も8月に体験学習計画

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜県…

  6. 整備関係

    トラック市場の動向、普通・小型ともコロナ禍の影響で荷動き鈍る

    日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)はこのほど、2020年度に実施…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP