中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

点検教室や無料点検など2年続きイベント系は大半中止に

「どこ行こう その日のために マイカー点検」をスローガンに、今年も9~10月の2ヵ月間、全国一斉の「マイカー点検キャンペーン」が展開されたが、キャンペーンの開始時期に中部の4県にコロナ感染の緊急事態宣言が出されたこともあり、2年続きでイベント系は大半が中止となった。そうした中で、一部の地域ではスーパーでの無料点検やチラシの配布を中心とした取り組みに変更し、整備事業者が地域のユーザーに点検整備の重要性をアピールした。

(全文は整備新聞 令和3年12月10日号:4面に掲載)

JAF愛知支部が雪氷対策出発式で冬用タイヤ装着の必要性を実施啓発前のページ

岐阜車恊・高度化講習会に組合員28人が参加次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    【特集】 中部5県整備振興会会長が語る整備業の将来像

    整備業界も大変革期を迎える中、業界の当面の課題は特定整備制度へ…

  2. 整備関係

    人材確保・育成で順次各県で人材セミナーを計画

    整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は「人材確保・育成対策本部」の…

  3. 整備関係

    岐阜整振が今秋、整備技能競技大会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月14日の理事会で「…

  4. 整備関係

    整備業界の未来を考える会がOBD検査などで意見交換

    三重県自動車整備振興会は11月9日、津市の振興会館で第27回「…

  5. 整備関係

    JU岐阜AAが組合青年部と共催でイベントAA

    JU岐阜羽島オートオークション(JU岐阜・熊﨑尚樹社長)は2月…

  6. 整備関係

    日整連、技術の高度化や人材確保など現状と課題を説明

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(日整連・整商連、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP