中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

名古屋高速のバス事故で運行管理点検整備の徹底

8月22日に名古屋高速道路で発生した高速乗合バスの横転・炎上事故(2人死亡、7人負傷)を受け、国土交通省は自動車局長名で、バス事業者に運行管理や車両の点検整備徹底を求める通達を日本バス協会に出した。通達では、「輸送の安全確保は、自動車運送事業者の最大の使命である」と強調し、高速乗合バスの安全確保の徹底を図り、利用者の信頼回復に万全を期すよう求めている。内容は、運行管理業務を再確認し、安全確保の原点に立った確実な運行管理を実施、とくに①確実に点呼を実施する②乗務員の健康状態、過労状態の確実な把握に努める③適切な運行計画を作成し、確実に支持する―ことを要請。

(全文は整備新聞 令和4年9月10日号:4面に掲載)

点検推進協議会がWebで必要性などをアピール前のページ

愛整振・支部主催で電子車検証の説明会を地元で開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・豊川支部が警察とタイアップし防犯ネジを取り付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中で、愛知県自動車整備振興会(川村…

  2. 整備関係

    国交省が新技術の開発踏まえ新事業用自動車安全プラン

    国土交通省はこのほど、令和3年~7年度を計画期間とする「事業用自動車総…

  3. 整備関係

    JU愛知が青年部担当AAで初出品企画など

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・兼松幸生理事長)は3月…

  4. 整備関係

    愛知部販協会長に石川量章氏が就任

    愛知県自動車部品販売協会は3月31日付で向井英夫会長が退任し後任の会長…

  5. 整備関係

    国交省がペダル踏み間違い後付けの2装置を認定

    国土交通省は7月1日付で、後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置につ…

  6. 整備関係

    中日本短大卒業式・留学生含め218人が巣立つ

    神野学園(山田弘幸理事長)の中日本自動車短…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP