中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

事故防止セミナーに運輸関係者ら350人が参加

中部運輸局は2月2日、名古屋駅前のウインクあいち大ホールで「自動車事故防止セミナー2022」(写真)を開いた。今回のテーマは「社会の変化に対応した事故防止対策」で、運輸事業関係者など約350人が参加、講演などを聞いた。セミナーは、安全・安心なクルマ社会の実現に向けた取り組みとして毎年開催しており、今年度で16回目。中部各県の自動車会議所、バス・トラック・タクシー協会が協賛した。

(全文は整備新聞 令和5年3月10日号:2面に掲載)

三重販売協が総会で60周年事業の実施など事業計画決める前のページ

岐南工業高の研究会が整備士PRコンテンツ大賞を受賞次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    福井では3支部がマイカー点検教室を計画

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は10~11月、県内の3支部がマイ…

  2. 整備関係

    日査協・愛知県支所長に大森氏が就任

    日本自動車査定協会愛知県支所はこのほど、寺町一憲支所長が退任し、後任の…

  3. 整備関係

    愛知商工・組織力活かし共同経済事業など、川村理事長を再選

    愛知県自動車整備商工組合(川村保憲 理事長)は6月9日、小牧教…

  4. 整備関係

    新型車は令和4年7月から事故時の車両情報記録装置を義務化

    国土交通省は9月30日、事故情報計測・記録装置(EDR)に係る国連規則…

  5. 整備関係

    ネット活用を促進 安心の「保証サービス」を提供:熊﨑尚樹・JU岐阜羽島AA社長

    ――昨年のAA実績はいかがでしたか。熊﨑社長 昨年の結…

  6. 整備関係

    愛整振・春日井支部が国道19号線で交通事故防止の大作戦

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の春日井支部(栗林實 …

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP