中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省・1月から車検の検査手数料を引き上げ

自動車検査証の電子化に伴う経費増加を理由に、継続・新規の検査手続きの手数料が本年一月から値上げされた。10月末に「道路運送車両法関係手数料令」が決定した。国土交通省の発表によると、内容は①国または軽自動車検査協会に納めなければならない自動車検査証の再交付②国または軽検査協会に納めなければならない検査手続き③自動車技術総合機構が基準適合性審査を行う検査手続きを受ける場合において、国に納めなければならない自動車検査証の交付―に係る手数料の金額を改定するというもの。このうち、継続検査で保安基準適合証の提出がある場合、登録車は窓口申請が現行1200円から1400円に200円増、OSS申請が現行1000円から1200円に200円増となる。

(全文は整備新聞 令和5年1月10日号:12面に掲載)

愛整振・西尾支部青年部会がボランティアで清掃活動前のページ

中整連が車検証の電子化で国に要望次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知の岡崎支部が整備技術向上へセミナーを開く

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  2. 整備関係

    愛知自販協・会員の管理職が参加しメンタルセミナー開く

    愛知県自動車販売店協会・自販連愛知県支部(小林剛 会長・支部長…

  3. 整備関係

    愛整振・瀬戸支部が新年会を開き事業の話題などで交流

    瀬戸自動車販売整備組合と一体で活動を展開する愛知県自動車整備振…

  4. 整備関係

    電子車検証でパブコメ、適切な組織体制や設備など

    来年1月から車検証の電子化が始まるのに伴い、指定整備事業者が車検有効期…

  5. 整備関係

    中部運輸局が事故防止セミナー聴講者募集など説明

    中部運輸局は11月18日、局会議室で定例の記者懇談会を開いた。大石英一…

  6. 整備関係

    電子制御整備認証中部の取得率65・0%に

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、会員の9月末現…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP