中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振が理事会で来年度の事業計画など審議

三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は3月3日、津市の振興会館で第113回理事会(写真)を開いた。議題は令和3年度事業計画・収支予算、諸会議の日程予定など。今回も新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し時間を短縮して開催した。冒頭、竹林会長が「新年度の事業に対して慎重審議をお願いしたい」と挨拶した後、議事に入った。令和3年度は調査研究事業として自動車分解整備業の実態調査や整備需要等の動向調査を行うほか、講演・講習の事業では整備士養成講習や認定訓練助成事業の実施、電子制御装置整備の整備主任者等資格取得講習、継続検査OSS普及促進説明会などを計画している。

(全文は整備新聞 令和3年3月10日号:1面に掲載)

中部で特定整備認証取得が徐々にペース上がる前のページ

福井整振・商工組合が理事会で事業計画や予算案など審議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    杉浦タイヤ商会が「タイヤ充填安全セット」の発売を開始

    ブリヂストンタイヤ特約店の杉浦タイヤ商会(静岡県湖西市、杉浦進一社長)…

  2. 整備関係

    愛知の後藤修氏が黄綬褒章

    令和2年度秋の褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から愛知県の後藤…

  3. 整備関係

    新明工業・高校生対象にFCV専門講座

    燃料電池自動車(FCV)の整備も行う新明工業(本社・豊田市、佐…

  4. 整備関係

    中日本短大卒業式・留学生含め218人が巣立つ

    神野学園(山田弘幸理事長)の中日本自動車短…

  5. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

  6. 整備関係

    愛知自動車会館の展示コーナー月替わりで多彩にPR

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月1日から1カ月間、愛知…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP