中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振・小学生対象にクルマの児童画を募集中

 

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月1日から、今年も県内の小学校に通学する小学生を対象に「GASPA・クルマの児童画コンクール2021」(後援=岐阜運輸支局、岐阜県・岐阜県教育委員会、協賛=日整連、岐阜県自動車会議所)の応募を実施している。(写真=児童画コンクールの応募ポスター)このコンクールは、少子化時代を迎え、整備業界では整備士不足や後継者不足が喫緊の課題となっている中で、小学生など低年齢のうちからクルマに関心を持ってもらい、業界のイメージを高めるとともに、将来の職種として興味を持ってもらうことが目的。

(全文は整備新聞 令和3年8月10日号:1面に掲載)

岐阜整振・今年も入庫促進キャンペーンを展開前のページ

運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    子どもの見落とし防止へ国際基準を導入

    国土交通省は、子供の見落とし事故を防止するための国連基準を導入し、道路…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツ・ADW弥富物流センターを開設

    愛知ダイハツグループのADWホールディングス(坪内孝暁社長)は…

  3. 整備関係

    諸川慎治・自動車技術安全部長の就任インタビュー

    国土交通省の6月21日付人事異動で、中部運輸局自動車技術安全部…

  4. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

  5. 整備関係

    ASV導入など運送事業者の事故対策費の補助金受付

    国土交通省は、バス、タクシー、トラックの自動車運送事業における交通事故…

  6. 整備関係

    岐阜運輸支局、環境対策など127事業場を表彰

    岐阜運輸支局は7月20日、整備振興会館で自動車整備優良事業場の…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP