中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

業界の団結と協調で使命を果たす:川村保憲・愛整振会長インタビュー

自動車整備業界も大変革期に入っている。急進展する自動車技術の高度化を背景に、今年度から「特定整備制度」が施行され、整備業界は自動運転も睨んだ新たな対応が急務となっている。コロナ禍の中でも整備事業の役割の重要性が強調され、各県整備振興会とも積極的に会員の新制度対応に取り組んだ。そうした中で昨年9月、愛知県自動車整備振興会の新会長に川村保憲氏が就任した。川村会長(中部地方自動車整備連絡協議会会長)に、新しい年の景気動向を含め自動車販売・整備業界の課題と展望などをお聞きした。

――まず、新会長に就任され、改めて今のお気持ちと今後の会運営の基本的なお考えをお聞かせ下さい。

川村会長 坪内恊致会長の死去に伴い、昨年9月1日付で会長に就任いたしました。整備業界の社会的使命と整備振興会の役割の重大さを日増しに感じているところです。クルマ社会でユーザーの安全・安心を支える使命を果たしていくために、会員の団結と協調が極めて重要であると考えており、会員の皆様のご協力をお願いいたします。

(全文は整備新聞 令和3年1月10日号:9面に掲載)

ネット活用を促進 安心の「保証サービス」を提供:熊﨑尚樹・JU岐阜羽島AA社長前のページ

電子制御整備認証取得は中部で全国の3割強次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長…

  2. 整備関係

    ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(奥田道博支…

  3. 整備関係

    整備技術の高度化を:田中森・福井整振会長

    新年明けましておめでとうございます。【中 略】整備業界におきましては、…

  4. 整備関係

    整備関係

    整備業界もいよいよ大変革期へ

    令和2年がスタートした。待望の東京オリンピック・パラリンピックが開かれ…

  5. 整備関係

    ユーザー車検対策「STOP違法整備!!」

    国土交通省は今年度も、車検時に未認証事業者が整備作業を行った可能性のあ…

  6. 整備関係

    整備関係

    愛知自動車会議所が理事会で令和2年度の事業計画決める

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月17日、書面による令和2年度理…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP