中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点検教室」「無料点検」などイベント系がほとんど中止となり、中部各県ともテレビ・ラジオを活用した広報活動中心という異例の展開となった。自動運転など自動車を取り巻く環境が大きく変わりつつあり、整備業界も特定整備のスタートで点検・整備の重要性を、これまで以上にアピールするチャンスだったが、仕切り直しとなった。満を持して次の取り組みに期待がかかる。

(写真=コロナ禍でイベント系がほとんど中止となる中、岐阜では唯一、道の駅でチラシ配布を―)

(全文は整備新聞 令和3年1月10日号:12面に掲載)

愛知支局が窓口の混雑緩和にスマホで受付確認前のページ

愛知ダイハツが「地域見守り活動」で東海市と協定次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    施設整備など着実に:松井雅人・軽検査協会愛知主管事務所長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎え、心からお慶び…

  2. 整備関係

    カー用品の売上高が2年ぶりにプラスにコロナ禍で来店増

    一部でコロナ禍の影響を受けながらも、カー用品市場が堅調に推移している。…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツ・マレーシア現地法人が大型新店舗をオープン

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は10月20日、同社海外子会社でマ…

  4. 整備関係

    大型車の車輪脱落事故が上昇傾向、人身事故も発生

    国土交通省がまとめた大型車の車輪脱落事故発生状況によると、令和3年度の…

  5. 整備関係

    岐阜整振・懸賞キャンペーンの下期抽選を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月26日、同整備振興…

  6. 整備関係

    子どもの見落とし防止へ国際基準を導入

    国土交通省は、子供の見落とし事故を防止するための国連基準を導入し、道路…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP