中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・安城支部が総会で技術向上や経営安定化など研修会を計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・安城支部(鈴木三喜男支部長)はこのほど、書面決議による第30期通常総会を行い、無料点検やナンバープレート盗難防止キャンペーンなどを内容とした令和三年度の事業計画を決めたほか、役員改選で鈴木部長を再選した。今期の事業について鈴木支部長は「今後の情勢を見ながら、マイカー無料点検などの事業に取り組みたい」としている。

(全文は整備新聞 令和3年8月25日号:3面に掲載)

愛整振・瀬戸支部が総会で組合と一体活動、大橋支部長を選出前のページ

愛整振・西支部が研修会や親睦会、点検教室など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    二輪の灯火器取付に国際基準を導入

    国土交通省は、二輪自動車の灯火器などの取り付けに関する国際基準を導入す…

  2. 整備関係

    愛整振・青年部会がブロック会で特定整備対応など審議

    愛整振青年部会(伊藤篤志部会長)の第2ブロックA班(横山陽一班…

  3. 整備関係

    愛整振・豊川支部が特定整備テーマに役員研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊川支部(大羽政好支部…

  4. 整備関係

    行政処分で同一性確認の徹底などを強調

    中部運輸局は整備事業者に対する昨年度の行政処分を踏まえ、今年度はとくに…

  5. 整備関係

    永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介

    国土交通省は経済産業省と連携し、3月25日に東京都江東区のTOC有明コ…

  6. 整備関係

    JAF愛知と愛知学院大が連携しカーシェアで豊橋の観光を発信

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は2月3日、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP