中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜・羽島郡支部が若手会員らを中心に「次世代の会」を発足

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの羽島郡支部(河田真一支部長)はこのほど、支部内の有志を募り「次世代の会」を発足した。整備業界の次世代を担う若手会員らを中心としたメンバーで構成、委員長には曽根貴志氏(曽根自動車)を選出した。9月24日は、岐阜市のグランヴェール岐山で「第1回勉強会」(写真)を開催した。

(全文は整備新聞 令和4年11月10日号:2面に掲載)

三重で自動車査定士コンクール開催、長坂氏は最優秀賞を連覇前のページ

名古屋市で令和5年度から商品中古軽自動車税を免除次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連、3月の登録試験平均合格率83・4%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、3月20日に実施した令和3年度…

  2. 整備関係

    愛整振・豊田支部と指定Bが合同役員会でコロナ禍の影響など事業報告

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊田支部(杉浦直人支部…

  3. 整備関係

    中日本自動車短大が留学生含め299人が入学

    神野学園・中日本自動車短期大学(山田弘幸理事長・学長)は4月6…

  4. 整備関係

    電子制御装置整備で新規の専門認証が増加

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進む中で、とくに今年度…

  5. 整備関係

    新明工業・秋の感謝祭を盛大に開催

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、近藤恭弘 社長…

  6. 整備関係

    電子制御整備認証、中部の指定工場では82・7%に

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)の集計によると、5県整備振興会会…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP