中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・西支部が研修会や親睦会、点検教室など計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・愛整振西支部(堀田誠支部長)はこのほど、書面による第30回定期総会を開き、令和3年度の事業計画を決めたほか、役員改選で堀田支部長を再選した。新年度は①技術の向上、講習会・研修会開催②親睦諸行事の実施③役員会・ブロック長会議・総会―などを計画。具体的にはコロナの状況を見ながら親睦会や研修会、マイカー点検教室などの事業を行う。

(全文は整備新聞 令和3年8月25日号:3面に掲載)

愛整振・安城支部が総会で技術向上や経営安定化など研修会を計画前のページ

ASV導入など運送事業者の事故対策費の補助金受付次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    運輸支局などが年度末の混雑緩和に協力求める

    年度末の繁忙期を迎え、各県運輸支局と軽自動車検査協会は、自動車の検査・…

  2. 整備関係

    岐阜整振・飛騨ブロック総会で軽検査協支所促進など事業計画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・飛騨ブロック(大宮昌夫ブロック…

  3. 整備関係

    乗用車市場調査でEVへの関心度高まる

    日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)は、2021年度の「乗用車市場…

  4. 整備関係

    三重整振、理事会で新技術対応など重点に事業計画

    三重県自動車整備振興会は3月9日、津市の振興会館で第178回理…

  5. 整備関係

    電子制御装置整備、中部で取得率50%超える

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得率が、3月末現在で中部では…

  6. 整備関係

    愛整振が創立70周年記念誌を作成

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は「創立70周年記念誌」を作成し…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP