中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ミャンマーから政府関係者ら整備士制度など視察

経済発展が著しいミャンマーで、国家技能標準開発事業における自動車整備分野の国家技能資格制度の構築プロジェクトが進んでおり、その一環として政府関係者らが1月19日から愛知県を訪れ、整備士技能検定制度の運営や整備士育成の状況などを視察した。とくに愛知県自動車整備振興会小牧教育センターでは、登録実技試験の問題も体験するなど熱心に実情把握に取り組んだ。

(全文は整備新聞 令和2年1月25日号:1面に掲載)

愛知が17年ぶりワースト脱却、気を引き締め運動強化を前のページ

岐阜でクルマの児童画作品展を開く次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連、3月の登録試験平均合格率83・4%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、3月20日に実施した令和3年度…

  2. 整備関係

    愛整振・瀬戸支部は青年部が協力し点検手順を説明

    瀬戸自動車販売整備組合と一体で活動を展開する愛知県自動車整備振…

  3. 整備関係

    静岡整振・地区のまつり会場で積極的に展開

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)では、支部主催の点検教…

  4. 整備関係

    愛整振、理事会で「三河教育センター」と名称決定

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は第20回理事会で、令和…

  5. 整備関係

    中部の法令研修、自主学習や日程変更など

    今年度も各県で整備主任者・自動車検査員法令研修が本格化しているが、昨年…

  6. 整備関係

    コロナの緊急事態宣言で登録申請添付書類の有効期間を延長

    新型コロナウイルス感染拡大に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受けて…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP