中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備工場数・8月は岐阜で新規が大幅増

中部の整備工場数で、8月は前月から一転して認証の新規が廃止を上回った。中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場数及び新規・廃止状況によると、8月は認証の新規が28件、廃止が11件となり、2カ月ぶりに新規が廃止を上回った。これにより、8月末現在の中部の整備工場数は1万3175工場となり、前年同期に比べて63工場増加した。

(全文は整備新聞 令和5年9月25日号:3面に掲載)

「秋の夕暮れ時は危険」県民あげて秋の交通安全運動を展開前のページ

JU愛知・青年部担当AAで目標上回る3978台の出品次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    OSSの促進さらに:小林博之・愛知運輸支局長

    あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨…

  2. 整備関係

    検定規則改正で自動車整備士の資格体系を一本化

    国土交通省は、整備士資格制度などを見直す自動車整備士技能検定規則の一部…

  3. 整備関係

    指定22Bが指定工場の動向テーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の指定22ブロック(津…

  4. 整備関係

    三重整振・総会でOSS促進さらに

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月8日、津市のホテル…

  5. 整備関係

    静岡運輸支局、功労者や優良整備事業場など表彰

    静岡運輸支局(中山國光支局長)は10月15日、静岡市駿河区の静…

  6. 整備関係

    整備関係

    中部の行政処分「原因はうっかりミス」など

    検査員の知識不足などにより、中部では令和元年度に整備事業者に対する厳し…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP