中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

特集

 

特集

【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める

自動車技術の高度化を背景に、整備業界も変革への対応を迫られる中、会員数が五千を超える全国一の愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の支部が、課題などの対応に力を発揮している。今年は春先からの新型コロナウイルスの感染拡大で支部の活動も大幅に制約されてきたが、各支部とも活動意欲は強く、有償運送許可研修会や特定整備制度における整備主任者等資格取得講習会の支部開催など成果を上げている。来年に向けた水面下の活動も続き、地域に根ざした愛知ならではの支部の存在感が高まっている。

コロナ禍で活動が大きく制約される中、各支部は今年、自家用レッカー車両で事故車両などを有料で運送できる許可を受けるための有償運送許可研修会(写真:支部開催で多くの会員事業者が参加した有償運送許可研修会)に積極的に取り組んだ。

(全文は整備新聞 令和2年10月25日号:4面に掲載)

二輪の灯火器取付に国際基準を導入前のページ

愛知の車検市場は上半期も底堅く次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート

    コロナ禍で大勢が参加する研修・講習のあり方が課題となる中、国土交通省は…

  2. 特集

    特集

    シリーズ特定整備:新制度が命運分ける車体整備業界

    4月からスタートする特定整備制度の影響を最も大きく受けるのは車体整備業…

  3. 整備関係

    愛知電装組合、特定整備対応で組合員増加

    特定整備制度への対応に関連して、愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一…

  4. 特集

    特集

    【特集】4月6~15日、春の交通安全運動を展開

    17年ぶりに交通事故死者数の全国ワーストワンの汚名を返上した愛知県だが…

  5. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

    中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長…

  6. 整備関係

    整備関係

    三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)と同商工組合(同理事長)はこのほ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP