中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

二輪の灯火器取付に国際基準を導入

国土交通省は、二輪自動車の灯火器などの取り付けに関する国際基準を導入するため、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示などの一部を改正した。公布・施行は9月25日。発表によると、国交省自動車局では、自動車の安全基準などについて、国際的な整合性を図りつつ順次、拡充・強化を進めている。今般、「二輪自動車の灯火器などの取り付けに係る協定規則」の改訂などが国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において採択されたことを踏まえ、我が国においてもこの基準を導入することとしたもの。

(全文は整備新聞 令和2年10月25日号:3面に掲載)

岐阜整振がコロナ対策の「県のステッカー提示」 をアピール前のページ

【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    運送事業者の事故対策補助金を11月末まで受付

    国土交通省は、自動車運送事業者などの交通事故防止のための先進的な取り組…

  2. 整備関係

    福井整振が専業部会・事業委員会の合同会議を開く

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は1月25日、福井県自動車…

  3. 整備関係

    燃費の良い乗用車ランキングを公表・普通車1位はヤリス

    国土交通省は令和二年末時点で販売されている乗用車の燃費ランキングを公表…

  4. 整備関係

    名古屋の軽車検場で検査機器に衝突事故

    軽自動車検査協会愛知主管事務所(名古屋市港区)で11月6日、検…

  5. 整備関係

    静岡整振・外国人学校で職業講和をリモートで

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は、人材確保事業の一環として9月…

  6. 整備関係

    岐阜商工・理事会で事業・予算など総代会議案を審議

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は4月26日、整備振興…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP