中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

二輪の灯火器取付に国際基準を導入

国土交通省は、二輪自動車の灯火器などの取り付けに関する国際基準を導入するため、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示などの一部を改正した。公布・施行は9月25日。発表によると、国交省自動車局では、自動車の安全基準などについて、国際的な整合性を図りつつ順次、拡充・強化を進めている。今般、「二輪自動車の灯火器などの取り付けに係る協定規則」の改訂などが国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において採択されたことを踏まえ、我が国においてもこの基準を導入することとしたもの。

(全文は整備新聞 令和2年10月25日号:3面に掲載)

岐阜整振がコロナ対策の「県のステッカー提示」 をアピール前のページ

【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツが安城でも高齢者見守り活動

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  2. 整備関係

    今後も感染対策対応:兼松幸生・愛中販理事長

    ――昨年のオークション業界の状況はいかがでしたか。兼松…

  3. 整備関係

    整備用機械工具販売が5年連続で前年度を上回る

    自動車整備用機器の販売が堅調に推移している。日本自動車機械工具販売協会…

  4. 整備関係

    整備関係

    特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化

    4月から特定整備制度がスタートするのに伴い、各県自動車整備振興会の対応…

  5. 整備関係

    福井整振・商工組合が理事会で事業計画や予算案など審議

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)と同商工組合(同理事長)は…

  6. 整備関係

    三重会議所、総会で竹林会長を再選、公益活動など計画

    三重県自動車会議所(竹林武一会長)は6月24日、ホテル・グリー…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP