中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振がコロナ対策の「県のステッカー提示」 をアピール

新型コロナウイルス感染症の対策に向けて、岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は、県が行う感染症防止対策の取り組みへの参加を会員事業場に呼び掛けている。岐阜県ではコロナウイルス収束に向けて県独自の「コロナ社会を生き抜く行動指針」を公表し、県内の様々な事業者に向けて対策の徹底を呼び掛けており、対策の一環として対策実施事業者には「新型コロナ対策実行中!」(写真:振興会館入り口に掲示しているステッカー)のステッカーを無料で配布している。県内の各事業所、店舗が感染防止対策を実施していることをステッカーにより利用客にPRすることで、事業者は感染防止の意識が高まり、利用者は安心して利用できるとしている。

(全文は整備新聞 令和2年10月25日号:3面に掲載)

高山西支部5班が飛騨検査登録事務所周辺道路を清掃前のページ

二輪の灯火器取付に国際基準を導入次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    JAF愛知支部がトヨタ大学校の女学生にチャイルドシート講座

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は3月9日、…

  2. 整備関係

    自動車機構・検査関係など審査事務規定を改定

    自動車技術総合機構は自動車検査、型式指定関係などの審査事務規程を一部改…

  3. 整備関係

    整備関係

    軽自動車検査協会が令和2年度の事業計画を決める

    軽自動車検査協会はこのほど令和2年度の事業計画を決めた。主要施策として…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツが豊田市の高齢者見守りで市内の4店舗が登録

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  6. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP