中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

11月から中部ですれ違い用前照灯審査を変更

自動車技術総合機構中部検査部と軽自動車検査協会愛知主管事務所は11月1日から、中部管内の検査場における「すれ違い用前照灯(ロービーム)」の審査方法を変更する。対象は平成10年9月1日以降に製作された自動車(トレーラー等は除く)で、両者では「対象自動車は、今後すれ違い用前照灯が基準に適合するよう適切な整備・調整をしてほしい」と注意喚起している。

(全文は整備新聞 令和5年9月10日号:4面に掲載)

カスタムカーショーで不正改造車を排除する取り組み前のページ

岐阜・三重の整備振興会、OBD検査・確認へ対応準備急ぐ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐南西支部が総会で産廃の共同収集や安全フェアなど事業計画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの岐南西…

  2. 整備関係

    愛整振・西尾支部青年部が今年も市内でボランティア清掃活動

    「地域から少しでもゴミを減らそう」と愛知県自動車整備振興会(川…

  3. 整備関係

    整備機械工具、令和3年度は売上額がコロナ前に回復

    コロナ禍の影響もあって落ち込んでいた自動車整備用機器の販売が、回復に転…

  4. 整備関係

    中整連・総会開き事業計画、環境踏まえて連携強化

    中部5県の整備振興会と整備商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協議…

  5. 整備関係

    中整連が幹事会で5年度事業計画審議し情報交換

    中部五県の整備振興会・商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡…

  6. 整備関係

    愛整振が創立70周年記念誌を作成

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は「創立70周年記念誌」を作成し…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP