中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重会議所などが交通安全・環境フェスで事故防止を啓発

地域の人たちに交通安全と運輸・交通分野における環境意識を高めてもらおうと、中部運輸局三重運輸支局は三重県自動車会議所、日本自動車連盟三重支部と共催で12月3日、津市の三重県総合博物館(MieMu)で「みえ交通安全・環境フェスタ2023」(後援・三重県、三重県警察、津市)を4年ぶりに開催(写真)した。今年で11回目。

(全文は整備新聞 令和6年1月10日号:11面に掲載)

三重・未来考える会が子供向けに整備体験など実施前のページ

三重整振・商工が合同理事会を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備人材確保へWG設置、離職者の復職後押しも

    国土交通省は、自動車整備業界における人材の確保や育成に計画的・効果的に…

  2. 整備関係

    愛知自販協、総会で令和4年度の事業計画きめる

    愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は第62回、自販連愛知県支部(同…

  3. 整備関係

    中日本自動車短大・留学生含め288人が活躍期し巣立つ

    神野学園(山田弘幸理事長)の中日本自動車短期大学(加茂郡坂祝町…

  4. 整備関係

    ロータス愛知支部・キャンペーンの目標必達へ気勢

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水…

  5. 整備関係

    三重整振・理事会で上半期事業を報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月2日、津市の振興…

  6. 整備関係

    中部の整備工場数、11月は愛知で廃止が上回る

    中部の整備工場数は、2ヵ月連続で認証の廃止が新規を大幅に上回った。中部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP